ごあいさつ

 全日本エピテーゼ連盟™代表理事を務めさせていただいております萩原圭子です。どうぞよろしくお願い致します。本連盟では先天性後天性問わず欠損で悩みを抱えている患者様やそのご家族または医療従事者に対し「エピテーゼ」とは何か、「エピテーゼの存在」をどのように知っていただくか、日本国内に広く発信できるよう2017年より活動を始めております。また、エピテーゼ製作技術者の技術力強化にも力を入れ、エピテーゼを必要とされている方々に満足のいく製品をお届けできるよう会員同士情報の共有やスキルアップにつながるセミナーを開催しております。

昨年から新型コロナウィル感染拡大に伴い経済活動・私たちの日常生活は大きな打撃を受けるとともに、今もなお先の見えない状況が続いています。外出自粛が続き「アピアランスケア」である「エピテーゼ」が必要ではないといったお声も聞きますが、新型コロナウィルス感染症が落ち着き以前のような生活に戻った際には「エピテーゼ」は必ず必要とされます。私たちは今この時期だからこそできること、技術を磨き患者様が喜んで使用してくださるエピテーゼ製作に研鑽と挑戦を続けていきたいと思います。

​Keiko Hagiwara

全日本エピテーゼ連盟 代表理事

メディカルラボK代表

萩原圭子